アコム

MENU

ストックオプション

一時期外資系法人の日本子会社の幹部が、本社株式のストックオプションをもらった際の税金の取り扱いで問題が起きました。もらう原因を子会社で頑張ったからだという考えであれば給与所得ですし、くれるのは親会社であり雇用関係はないと考えれば一時所得です。

 

一時所得の方が税金の金額が少ないこともあり、多くの人がそのように申告しましたが、税務署側は給与所得として更正しました。つまり、無理やり税金を増加させたのです。当然納得しない人とは訴訟になりました。

 

結局最高裁まで争いは続き、国側の勝訴となりました。あらかじめ税額を納付していた人はいいのですが、納付していなかった人はかなりの延滞税を支払う羽目になったようです。

 

争わない人

更正をした時期には、どちらが優勢だとも言われていなかったのですが、かなりの人が税務署の指摘に従ったと言います。裁判になれば2年から3年間訴訟に付き合うことになります。

 

弁護士にすべて依頼するため自分が出ていく必要はありませんが、結構な訴訟費用がかかります。それならやめてしまおうという判断です。

 

結局争わない人が得をした結果になりました。最近は会計事務所や法律事務所が税金関係の訴訟を積極的にしていますが、相当勝ち目がない限りやめた方が無難です。

 

勝訴であれば税金は取り戻せますし、還付加算金ももらえます。しかし、訴訟中は落ち着かないものですし、費用も多くかかるためです。

 

アコム即日融資情報TOP

争うか払うか関連ページ

FX投資と税金の大きな負担
お酒の税金の競争
ガソリンが安い
サラリーマンは優遇されているのか
タックスオンタックス
ちょっと払えば後々安心
どこからバレたのか
なぜこんなことに
ふるさと納税
もうここには住めない
医療費控除
屋台が出ない確定申告
海外から買ったソフトの税金
海外旅行の損得勘定
確定申告は正しくしっかりと
確定申告は自己責任
給料から引かれる税金
軽減税率の大混乱
個人輸入のメリットとデメリット
好況の家電量販店
最近の法人税減税
社会保険は税金ではない
車に重く圧し掛かる税金の負担
上がるばかりで下がらない消費税
消費税は悪とも言い切れない
消費税負担軽減のコツ
寝ても覚めても消費税
新しい税金いろいろ
申告は自己責任
身近な税金の払い方
税金が払えない
税金に踊らされない
税金の支払回避は可能か
税金の支払期限を知っておく
税金は一生のお付き合い
税金は公平か
税金を自分のものにする
税金を取り戻すネタ
税金重視かもうけを重視か
節税と脱税の境目
節税の弊害はどのようなものがあるか
先のことはわからない
投資をして税金を取り戻そう
得をするのは誰か
非課税の制約
非課税の代償とは
黙っていても上がり続ける金価格
問題なければエコカー減税
贅沢で深刻な悩み