アコム

MENU

ビールの4割は税金

ビール好きの方も安めの発泡酒を飲むことが多く、ビール自体贅沢品になってしまっています。ちなみにロング缶1本に含まれる酒税は110円です。ロング缶のビール値段は大体260円から280円程度だとすると、大体4割ほどは税金だという事になります。

 

これが発泡酒などになるともっと酒税が安くなります。そのため、レギュラー缶ですが1本100円以下の発泡酒が売られているのです。税金はお酒の価格の中でずいぶんと大きな位置を占めるので、これをいかに安くするかは、酒造メーカーと国税庁の知恵比べのような感じになってしまっています。

 

節税対策と増減税

従来からビールの税率は高かったのですが、この税率を回避するために各メーカーで製造方法や材料の工夫と研究がされてきました。当初は市販できるレベルの製品を醸造できなかったのですが、次第に麦芽を使わなくてもビールの味が出せるようになってきました。

 

こうしてできたのが、現在第3のビールと言われているジャンルの発泡酒です。本来ビールという名前を使ってはいけないので、ビールとは言いませんが、宣伝を見ればわかる通りビールを連想させるものになっています。

 

ただし、これを放置すると税収が下がります。国税庁ではビールの税率を下げるとともに第3のルの税率を上げることで対処していますが、未だに両者の差は歴然としているのです。

 

アコム即日融資情報TOP

お酒の税金の競争関連ページ

FX投資と税金の大きな負担
ガソリンが安い
サラリーマンは優遇されているのか
タックスオンタックス
ちょっと払えば後々安心
どこからバレたのか
なぜこんなことに
ふるさと納税
もうここには住めない
医療費控除
屋台が出ない確定申告
海外から買ったソフトの税金
海外旅行の損得勘定
確定申告は正しくしっかりと
確定申告は自己責任
給料から引かれる税金
軽減税率の大混乱
個人輸入のメリットとデメリット
好況の家電量販店
最近の法人税減税
社会保険は税金ではない
車に重く圧し掛かる税金の負担
上がるばかりで下がらない消費税
消費税は悪とも言い切れない
消費税負担軽減のコツ
寝ても覚めても消費税
新しい税金いろいろ
申告は自己責任
身近な税金の払い方
税金が払えない
税金に踊らされない
税金の支払回避は可能か
税金の支払期限を知っておく
税金は一生のお付き合い
税金は公平か
税金を自分のものにする
税金を取り戻すネタ
税金重視かもうけを重視か
節税と脱税の境目
節税の弊害はどのようなものがあるか
先のことはわからない
争うか払うか
投資をして税金を取り戻そう
得をするのは誰か
非課税の制約
非課税の代償とは
黙っていても上がり続ける金価格
問題なければエコカー減税
贅沢で深刻な悩み