アコム

MENU

相続税増税

2015年から相続税が変わり、今まで相続税など関係ないと思い込んでいた人であっても、相続税の心配をする必要が出てきます。相続税がかかるかどうかの境界線は、法定相続人と呼ばれる配偶者や子供などの人数で決まります。

 

具体的な金額は3千万に法定相続人に600万円をかけた金額を足した金額になります。子供二人の家族であれば奥さんと合計して4800万円です。4800万円という金額は、都内に30坪程度の土地建物があれば、すぐに課税対象になってしまうレベルです。

 

土地建物については住んでいればある程度の軽減措置とはありますが、老後の備えとして預貯金や株式を持っているとその金額も合計します。軽減されても5000万円程度の課税対象金額になってしまうことは珍しくありません。

 

生前贈与

相続税が払えないと土地建物を売却して支払うしかありません。土地建物を担保にして税務署に借金はできますが、住宅ローンのようなもので支払が長期化します。住み慣れた自宅に住み続けるためには事前対策が必要です。

 

プロ税理士に頼めばそれなりのプランを立ててくれますが、10万円程度かかります。それより軽減措置がない預貯金や、有価証券の生前贈与が役に立ちます。特に預貯金は教育資金という名目で孫などに贈与すれば、非課税のままで済むケースもあります。

 

もちろん贈与税の年間110万円の限度内なら、非課税での贈与も可能です。

 

アコム即日融資情報TOP

もうここには住めない関連ページ

FX投資と税金の大きな負担
お酒の税金の競争
ガソリンが安い
サラリーマンは優遇されているのか
タックスオンタックス
ちょっと払えば後々安心
どこからバレたのか
なぜこんなことに
ふるさと納税
医療費控除
屋台が出ない確定申告
海外から買ったソフトの税金
海外旅行の損得勘定
確定申告は正しくしっかりと
確定申告は自己責任
給料から引かれる税金
軽減税率の大混乱
個人輸入のメリットとデメリット
好況の家電量販店
最近の法人税減税
社会保険は税金ではない
車に重く圧し掛かる税金の負担
上がるばかりで下がらない消費税
消費税は悪とも言い切れない
消費税負担軽減のコツ
寝ても覚めても消費税
新しい税金いろいろ
申告は自己責任
身近な税金の払い方
税金が払えない
税金に踊らされない
税金の支払回避は可能か
税金の支払期限を知っておく
税金は一生のお付き合い
税金は公平か
税金を自分のものにする
税金を取り戻すネタ
税金重視かもうけを重視か
節税と脱税の境目
節税の弊害はどのようなものがあるか
先のことはわからない
争うか払うか
投資をして税金を取り戻そう
得をするのは誰か
非課税の制約
非課税の代償とは
黙っていても上がり続ける金価格
問題なければエコカー減税
贅沢で深刻な悩み