アコム

MENU

借り換えなら総量規制の適用を受けないことも

カードローンの金利は金融情勢の変化に応じて、変動するケースもあります。高金利の際に借りたものや、業界の中でも金利水準が高い業者から借りた場合、金利負担が大きくのしかかることがあります。

 

特に利用額が大きい人にとっては、利息の負担はバカになりません。直ぐに完済できる資金的な余裕がないなら、より低金利のカードローンに借り換えすることで、金利負担を減らせることがあります。利用残高が多く、適用金利が高い人ほど、利息カット効果が望めます。

 

一方で、複数の高金利債務があるなど多重債務で苦しんでいる方のなかには、貸金業法の改正で導入された総量規制により、新規の借り入れが不可能となっている方もいることでしょう。既に年収の3分の1を借りている場合、貸金業者に新たな申し込みができません。

 

もっとも、これには例外があり、生活を立て直す目的で計画的な返済をするために借り換えをする場合には、総量規制の対象外として年収の3分の1を超える新規の借り入れが可能です。ただし、借り換え資金で必ず、既存の債務を返済しなければなりません。

 

消費者金融など一部の貸金業者では、いったん利用者に振り込むのではなく、直接、各業者への債務の返済に充ててくれるところもあります。