アコム

MENU

トーゴーサンピン

昔の税金の格言に「トーゴーサンピン」と言う言葉がありました。サラリーマンはその全額を、個人事業主はその5割を、医師は3割、政治家は1割という話です。サラリーマンはその収入の全額を源泉徴収と言う方法で把握されていますから、逃げられないのです。

 

このような現状にサラリーマンからは不満が出ているものの、実際にはサラリーマンには給与所得控除と言う信じられないほどの優遇策が設けられています。年収500万円のサラリーマンが仕事のために必要とする経費はほとんどないはずです。しかし、何もしなくても154万の必要経費が認められているのです。

 

収入が上がるほど控除の割合は低くなりますし、3割程度の経費率の有利不利の是非はあるでしょうが、必ずしも冷遇されているとは言い切れません。

 

将来の展望

最近給与所得控除が行き過ぎだという声が多く出ています。主に租税収入の減少に危機感を覚えている財務省からですが、これをいかに少なくして税金を徴収するかが財務省の課題になっています。今は所得を増やすという政府の方針があるので、実現することはないでしょうが、日本と言う国の財政は厳しいので将来どうなるかわかりません。

 

将来は、会社に勤務する人の全てが、今のように給与を定期的にもらうのではなく成果給のような形になることがあるかもしれません。その時に自営業的な働き方と税金の計算になる日が来るかもしれません。

 

アコム即日融資情報TOP

サラリーマンは優遇されているのか関連ページ

FX投資と税金の大きな負担
お酒の税金の競争
ガソリンが安い
タックスオンタックス
ちょっと払えば後々安心
どこからバレたのか
なぜこんなことに
ふるさと納税
もうここには住めない
医療費控除
屋台が出ない確定申告
海外から買ったソフトの税金
海外旅行の損得勘定
確定申告は正しくしっかりと
確定申告は自己責任
給料から引かれる税金
軽減税率の大混乱
個人輸入のメリットとデメリット
好況の家電量販店
最近の法人税減税
社会保険は税金ではない
車に重く圧し掛かる税金の負担
上がるばかりで下がらない消費税
消費税は悪とも言い切れない
消費税負担軽減のコツ
寝ても覚めても消費税
新しい税金いろいろ
申告は自己責任
身近な税金の払い方
税金が払えない
税金に踊らされない
税金の支払回避は可能か
税金の支払期限を知っておく
税金は一生のお付き合い
税金は公平か
税金を自分のものにする
税金を取り戻すネタ
税金重視かもうけを重視か
節税と脱税の境目
節税の弊害はどのようなものがあるか
先のことはわからない
争うか払うか
投資をして税金を取り戻そう
得をするのは誰か
非課税の制約
非課税の代償とは
黙っていても上がり続ける金価格
問題なければエコカー減税
贅沢で深刻な悩み